CONTENTS
「翻訳 アプリ」
に関連するツイート
Twitter

RT @Rashisu: オットがインストールした翻訳アプリwww pic.twitter.com/pWJ1etYqeJ

Twitter humming773 あきら - 8分前

リツイート 返信

うわーーーーーーんごめんなさいさっきわたしに翻訳ソフトで話しかけてきた中国人の方へ…あなたの使ってたアプリはまじで何を言いたいのかわからなかったよ…「下がってる」ってなんだよ…

Twitter seek_geek345 せい@ブログ1年生 - 16分前

リツイート 返信

...探してるものの特定はできたけど、結局うちでは置いていないものだったので、その事を英語と日本語とジェスチャーで頑張って伝えましたw 冷静になって思い出したのは、翻訳アプリ使えばよかったってこと。 本当はケータイを持ち歩くのはダメなんだけど、歩数計を兼ねているのでポーチに入れていたんだった。 次こそはアプリで対応したいなぁ...

Facebook Maiko Mitani - 51分前

@clash_fm 翻訳アプリが機能しない男、マッズ

Twitter rokutobiyamori ヤモリ・クンダリーニ - 18:33

リツイート 返信

【新着】ヘイドン・ピカリング(著),太田良典(監訳),伊原力也(監訳),Bスプラウト(翻訳)『コーディングWebアクセシビリティ』(ボーンデジタル) tatsu-zine.com/books/coding-w… HTML5+JavaScriptのモダンWebアプリをアクセシブルに!Web…

Twitter tatsu_zine 達人出版会 - 18:31

3RT リツイート 返信

韓国語翻訳アプリに頼って初めてハングルでツウィートしたけど、天使投下のはずが天使の戦いになってたwwwさすが自動翻訳代表Google様🤝

Twitter aboon_3475 あぼん - 18:30

リツイート 返信

@oton_hiduka わいのおすすめのとこ!全部のコマ翻訳してると思うからおすすめだよ〜〜ただ途中からしかないからそこまではアプリかなんかで読んでなきゃアレなんだけど、確かもうアプリ追いついてたような気がする ameblo.jp/miraimal/theme…

@rokutobiyamori はじめ何言ってるか全然わかんなかったので、マッズの最初のセリフを翻訳アプリに聞かせたら突然の告白 pic.twitter.com/4cxE3ijy4z

Twitter rokutobiyamori ヤモリ・クンダリーニ - 18:15

1RT リツイート 返信

...レンコンって何て言うっけ。 僕は「英語でなんて言うか分からない、日本語ではレンコンって言うんだけど」と返すしかありませんでした(もちろん英語で)。 アプリ翻訳しようにも、今月の通信量がオーバーしていて繋がりにくいのでダメ。 で、帰宅してからアプリで調べてみました。 れんこん・・・、〔れんこん〕。使えねぇぇぇぇ...

Facebook 関 卓法 - 17:42

海外料理も楽しくなる!料理名をカメラでかざすだけで翻訳してくれるアプリ誕生! #Dreamers trendtouch.whdno.com/p/1703/6g2CxFW…

Twitter torendtacchi トレンドタッチ - 17:39

リツイート 返信

翻訳アプリで正確に訳すコツ

翻訳アプリで正確に訳すコツ

翻訳アプリを使ったことはネットを使う人や、学生なら一度はあるはずですが、結構ちんぷんかんぷんに訳されていることがあります。
単語自体が意味が違うように翻訳さえてしまっていたりするならまだしも、文法がハチャメチャで何を書いているのかまったくわからないことがあり、「アプリを使って訳しただろう」とすぐにばれてしまい少し恥ずかしい思いをすることがあります。
そんなときに翻訳アプリで正確に訳されやすい方法を伝授します。
必ずではないですが、なかなか認識度が上がります。
まずはじめに、言葉の順番をちゃんと配置することです。
基本的な日本語の並びを踏まえて入力することです。
アプリは動詞や主語を認識して訳していますので並びがルールに沿っていると訳されやすいです。
次に翻訳された内容を逆に訳させてみて合っているか、伝わるかを確認しましょう。
もし出来ないなら、別の言葉で代用することが重要です。
また、どうしても訳されない単語は個別に調べてみましょう。
もしかしたら助動詞と一緒に認識されてしまっていつのかもしれませんので、試行錯誤してみましょう。

翻訳者は在宅ワークを主にする

一般に翻訳会社内で、訳出をしているという訳者はほとんどいません。
彼らの多くは在宅で、原稿が上がってきたときに翻訳をする、という姿勢です。
基本的にそういった時間の融通が利くようなワークスタイルをしています。
ただ、一日中翻訳をするとなるとかなりの集中力が必要になります。
用語であったり、依頼主から指定されている条件を満たさなければならなかったり、と頭の疲労度は大きくなるのは容易に予想できます。
そのため、自分が集中できる環境を必要とすることからも在宅で働く方が多いのです。
訳す、という作業は誰かに手伝ってもらうものではありませんから、自分ひとりでやるものだと考えると、適した環境下でやらなければ良いものが仕上がりません。
現在いる多くの翻訳者は在宅で働いています。
こうすることで、海外からでも訳出の依頼をすることが可能になり、海外在中の訳者にもお願いをすることができます。
つまり、在宅ワークが訳者の通常スタイルなのです。