CONTENTS
「翻訳 原稿」
に関連するツイート
Twitter

RT @ami_ena: 藤井光さんはじめ、名だたる翻訳者が参加する『文芸翻訳入門』(フィルム・アート社)は、具体的事例や裏話が満載で面白い。例えば阿部賢一さん曰く、共訳は、印税で揉めぬよう均等に割り、進捗を報告して相手にプレッシャーをかけ、穏便かつ容赦なく相手の原稿に赤入れし…

Twitter filmartsha フィルムアート社 - 17:37

リツイート 返信

翻訳原稿が 1. エクセル 2. 翻訳指定箇所が蛍光の黄色でハイライト+赤文字 つらい

Twitter eastofthesunJP Miko⛸️ - 17:12

リツイート 返信

原稿できてる、って思ったらあの…日本語じゃなかった忘れてたうへええ翻訳してくるあかん!!!!

Twitter hujper ウィリス - 15:54

リツイート 返信

...アメリカに頭を押さえつけられて、どこかの国と同じである。  それでも彼は、民衆の決起を信じて、この長編詩を結んでいる。詩人自身は本当の空を見ることなく、1969年に三十九歳の若さで病死したのだが、脈々と歴史に流れる民衆のエネルギーを信じて、ではそのときまで、アンニョン─と書いたのである。  私がこの詩を翻訳しようと思ったはじめは、自分が読みたかったからであるが、作業を半ばまで終えたいまは違う。日本が、いま、どんな闇の中にあるか、為政者が私たちをどこへ連れていこうとしているかは、くだくだしくここには書かない。書かないけれども、こういう世の中であるから、この詩に書かれているような、民衆のエネルギーを...

Facebook 備仲 臣道 - 13:23

「仕事柄、今まで色々な訳文を読んできましたが、トライベクトルさんの訳文は直訳ではなく、日本語として大変自然で読みやすいと感じましたね。本番の仕事でも、最初に提出される翻訳原稿の質が高く、安心してお任せすることができました。」 bit.ly/1rAjLdP

Twitter trivector_jp Yusuke Yayanagi - 12:23

リツイート 返信

結局翻訳で徹夜じゃねえかファック!(今朝もらった原稿、日付変更線過ぎに「明日朝までにもらえる?!おおざっぱでいいから!」といわれてやってる

食材が同じだったら誰が料理しても味が一緒かっていうとそうではなく、作る人の腕によって差が出るもの。翻訳も一緒だよね。同じ原稿でも訳す人によって出来上がる訳文は違う。好みの問題も多少はあるけど、速い、安い、上手い、はない。

RT @harumi_fourcats: お待たせしました!Gacharic Spin @Gachapin_info のKOGAさんのインタビュー日本語版です!@ 2/25 WWフェイス。JRock247というJ-Rock紹介サイトの英語翻訳の元になった日本語原稿です。…

RT @harumi_fourcats: お待たせしました!Gacharic Spin @Gachapin_info のKOGAさんのインタビュー日本語版です!@ 2/25 WWフェイス。JRock247というJ-Rock紹介サイトの英語翻訳の元になった日本語原稿です。…

RT @harumi_fourcats: お待たせしました!Gacharic Spin @Gachapin_info のKOGAさんのインタビュー日本語版です!@ 2/25 WWフェイス。JRock247というJ-Rock紹介サイトの英語翻訳の元になった日本語原稿です。…

原稿の内容を忠実に反映する医学翻訳の実現

原稿の内容を忠実に反映する医学翻訳の実現

国際化が進んできたことによって日本語だけで情報のやり取りを行っているのでは世の中に対応していけなくなりました。
最低限のレベルとして英語を使用できるということが必要であり、情報収集、情報発信のいずれの方向性からも英語が不可欠になっています。
学術界における論文もそういう状況があり、国内への論文だけでは世界から注目を浴びることがありません。
そのため、日本語の原稿を翻訳することも必要になっています。
特に医学翻訳の需要は高く、世界的に医療を発展させようという動きの強さが反映されています。
医学翻訳を依頼する際には一般的な翻訳業者ではなく、医学を専門とするスタッフを抱えている業者を選定して依頼をすることが大切です。
専門用語の翻訳には高い知識レベルが必要であり、医学論文の翻訳を行うには医学そのものに対する理解も必要です。
原稿に記載した内容を忠実に反映した翻訳を期待するためにはそういった有能な人材の力が不可欠です。

医学翻訳に必要な独特の言語センス

翻訳を行えるようになるためには二ヶ国語を自由に使いこなせることが必要になります。
それぞれの国の言語についての特性を理解して言語センスを磨くことが不可欠であり、それを身につけることによって様々な文章の翻訳に対応できるようになります。
その際に気をつけなければならないのは、言語センスの実態は分野によって異なるということであり、より専門的な文章を翻訳するということになると、その分野ごとにどういったセンスを持たなければならないかを考えなおさなければならないということです。
医学翻訳は専門的な翻訳の中でも需要の高いものです。
しかし、それをすぐに行えるようになるためには二ヶ国語で医学用語を覚えればよいのではなく、それぞれの医学の世界で用いられている独特の言い回しを身につけることも不可欠です。
それを身につけることによって医学翻訳の担い手になることが可能であり、言語センスのある人材として重宝されるようになります。