CONTENTS
「翻訳 原稿」
に関連するツイート
Twitter

どうしても翻訳とか理解に時間かかるから原稿中はあんま連絡出来ないぞいと従姉妹に言って4日が経過したんだけど 「I miss u Goodnight I love you」 とだけメッセージが来たときのぼく 「これ・・・二次創作描く時につかえるな・・・🤔」

Twitter jitsuni_ii_i itwo@GLFタイタン01 - 昨日 23:17

リツイート 返信

明日はシフォンケーキを2個焼いて発送し、オーディオとは無関係の原稿を書き始める。書いた原稿がOKになれば、何カ国語かに翻訳されるらしい。 若い頃からたくさん文を書いてきたが、これほど仕事になるとは思っていなかった。ひとえにキーボードのおかげです。 コーヒー焙煎もやらねば。

Twitter kef105 KojiYamamoto - 昨日 22:03

リツイート 返信

コーヒー飲んで音楽をきいている。 明日はシフォンケーキを2個焼いて発送し、オーディオとは無関係の原稿を書き始める。 書いた原稿がOKになれば、何カ国語かに翻訳されるらしい。 若い頃からたくさん文を書いてきたが、これほど仕事になるとは思っていなかった。まったくホントにキーボードのおかげです。

RT @720110: なんかルーツはわかんないんですけどタコ星人と言うものが大好きで 随分前に読み切りも描かせてもらいまして 原稿の一部とネーム掘り返していた(深海の星で翻訳機能が壊れるディスコミュニケーションもの、タコ星人視点)このタコ教授気に入って…

Twitter UnderTheRose37 すべては薔薇の下に - 昨日 21:47

リツイート 返信

原稿修羅場の息抜きにゲームしてるけど、まだ 中国語を翻訳しきれてないから探り探りプレイしてる

Twitter SETUNAm34m せつな🐼まほさくディオネ11・12 - 昨日 17:58

リツイート 返信

吹替翻訳のヒント⑥) 吹き替え翻訳者は原稿の調整のために「実際に読む」ことが多くなります。翻訳者は画面にあわせて作成中の原稿を読み上げながら、原稿を練り上げていくのです。

Twitter JVTA_TOKYO 日本映像翻訳アカデミー(JVTA) - 昨日 14:34

リツイート 返信

吹替翻訳のヒント④) ボイスオーバーとリップシンク、どちらの場合も翻訳者は原音の  タイミングに合わせて原稿を調整する必要があります。 ボイスオーバーの場合↓ 日本語のセリフの喋り始めのタイミングは、原音が聞こえてから一拍置いたところ。喋り終わりは原音よりやや早めに切り上げます。

Twitter JVTA_TOKYO 日本映像翻訳アカデミー(JVTA) - 昨日 14:31

1RT リツイート 返信

ワイ:次の仕事までは、時間があるから勉強するで⇒翻訳会社さん:次の仕事の原稿早めに送りますね。⇒ワイ:よっしゃ。もしもに備えて前倒すんやで⇒ワイ:納期前にオワタで。ワイ:次の仕事までは、時間があるから勉強するど⇒・・・以下無限ループの希ガス。

英語のスピーチの原稿ほとんどGoogle翻訳や😂😂😂 Google翻訳様様でーす😇🙏🏻✨

Twitter news722KU 畠山 夏蓮 - 昨日 5:12

リツイート 返信

【PR】字幕・対訳原稿作成、承ります オペラ公演やコンサートの翻訳字幕や、パンフレットに載せる対訳の、原稿を担当いたします。イタリア語作品全般と、一部ドイツ語作品に対応します。基本テイストは「はっち訳」に準じますが、それを含めて委細応相談ですので、お気軽にお問い合わせください。

Twitter hacci88 畠山茂 / はっち / hacci - 昨日 4:58

リツイート 返信

原稿の内容を忠実に反映する医学翻訳の実現

原稿の内容を忠実に反映する医学翻訳の実現

国際化が進んできたことによって日本語だけで情報のやり取りを行っているのでは世の中に対応していけなくなりました。
最低限のレベルとして英語を使用できるということが必要であり、情報収集、情報発信のいずれの方向性からも英語が不可欠になっています。
学術界における論文もそういう状況があり、国内への論文だけでは世界から注目を浴びることがありません。
そのため、日本語の原稿を翻訳することも必要になっています。
特に医学翻訳の需要は高く、世界的に医療を発展させようという動きの強さが反映されています。
医学翻訳を依頼する際には一般的な翻訳業者ではなく、医学を専門とするスタッフを抱えている業者を選定して依頼をすることが大切です。
専門用語の翻訳には高い知識レベルが必要であり、医学論文の翻訳を行うには医学そのものに対する理解も必要です。
原稿に記載した内容を忠実に反映した翻訳を期待するためにはそういった有能な人材の力が不可欠です。

医学翻訳に必要な独特の言語センス

翻訳を行えるようになるためには二ヶ国語を自由に使いこなせることが必要になります。
それぞれの国の言語についての特性を理解して言語センスを磨くことが不可欠であり、それを身につけることによって様々な文章の翻訳に対応できるようになります。
その際に気をつけなければならないのは、言語センスの実態は分野によって異なるということであり、より専門的な文章を翻訳するということになると、その分野ごとにどういったセンスを持たなければならないかを考えなおさなければならないということです。
医学翻訳は専門的な翻訳の中でも需要の高いものです。
しかし、それをすぐに行えるようになるためには二ヶ国語で医学用語を覚えればよいのではなく、それぞれの医学の世界で用いられている独特の言い回しを身につけることも不可欠です。
それを身につけることによって医学翻訳の担い手になることが可能であり、言語センスのある人材として重宝されるようになります。