CONTENTS
「翻訳 知識」
に関連するツイート
Twitter

真の知識とは、情報の量や質ではなく、価値という成果を意識し、特殊な言語を誰にでもわかる言葉に翻訳できる能力を伴うのです。(ピーター・ドラッカー)

Twitter rokkoumasterbot rokkoumasterbot - 11:03

リツイート 返信

哲学書とか古典文学の巻末に、翻訳者や有識者の解説があったりする。 こういうのは賛否両論あるだろうが、俺としてはばんばんやってくれと思う。 自分にない知識や視点から作品を解説してくれるってだけで理解力も深まると思う。 ただあくまで一つの視点としてってのを念頭に置くべきだけども。

知識が足りなくて翻訳に差し障りが出ているのでパレスチナとイスラエルの歴史的問題について調べてる

Twitter Akitsugu_Domoto 堂本 秋次 - 10:35

リツイート 返信

...頂きます。 続編もあるようですね。ドクターズルール238―医師の心得集〈第2集〉 翻訳は同じ先生 福井 次矢氏です。 ~~~~~~~~~~ 西洋医学の本場アメリカで...) あなたが診ようが診まいが,ほとんどの外来の病気は治るものである。 3) 患者の病気がわからない時には,「あなたの病気についてわかりません」と言わない...

Facebook 甲斐 由美子 - 6:30

ステラ「まあ!エイト様は学者様なんですか!」エイト「学者っていうか、まあ知識を取り入れるのは好きだぜ!」ステラ「それならあの…是非この翻訳を教えていただきたいんですが…」エイト「あぁいいぜ?ステラちゃんは戦えないし無料で教えてやるよ」ステラ「ありがとうございます!」

Twitter yamanakabot 山中荘の住人 - 4:22

リツイート 返信

一般書も専門書も翻訳書も技法は同じだが、どの書籍を超速読するにせよ、当該分野の基礎知識がないと書籍を速読することはできない。『読書の技法』

Twitter satoumasaru_bot 佐藤優BOT - 1:23

リツイート 返信

本気で方言の知識がなさすぎるので、紅葉ちゃんの台詞、和葉ちゃんの台詞すらまずは標準語で書いて、あとで詳しい人に翻訳してもらう悪どいやり方を目論んでいる

Twitter ringonoha_sr 林檎の葉 - 1:11

リツイート 返信

そういや忘れてたけど、他のカードゲームからFaeria来た人向けの考え方とか定石とかあとマメ知識をまとめたガイド(の翻訳)がこちら copiluwak.hatenablog.com/entry/2017/04/…

日本語に翻訳された『外語のスラング交じりの文章』を読む場合、その時点でスラングの知識が無いと読み解けないし、そこに変換する閃きがないとって事なのですよね……。多分元ネタを読んで、最初に翻訳・変換した人は笑えたのだろうけれど、謎の文章って事にしたいからなんだろうけれど、うーむ……。

Twitter ugin_kamigiri 祐吟@壬生猫 - 昨日 23:42

リツイート 返信

【絵本の豆知識】シルヴァスタイン作の名作絵本『おおきな木』の翻訳は村上春樹が担当している。

Twitter ehon_bot 140文字で分かる【絵本の豆知識】 - 昨日 22:35

リツイート 返信

医学翻訳には医学の知識が不可欠

医学翻訳には医学の知識が不可欠

翻訳という言葉を聞くと、どんな分野でもある程度言語を訳することができると考えられがちですが、実際には各分野に対してそれぞれ翻訳家が存在します。
医学翻訳がその顕著な例だとも言えます。
医学翻訳の場合、翻訳能力はもちろんですが、それと同時に医学に対する知識も必要になります。
そういった知識がなければ専門用語や、医学での言い回しなどを使用することができなくなり、やはり医学翻訳の程度が下がってしまうからです。
そのため、医学分野においてはある程度の実績がある翻訳会社を探すのが効率的です。
自分で訳すのは確かに勉強にはなりますが、その時間は翻訳者に任せた場合と比べると非常に多大になってしまうからです。
また、医学翻訳の場合、翻訳会社は料金を高く設定しています。
これはその分野における翻訳者があまり多くないからです。
単なる翻訳でどんな文章でも問題がなければ、自分で訳すことも視野に入れることができますが、実際には知識のある方に翻訳してもらうのが極めて安心であり、かつ迅速なのです。

薬学もカバーする医学翻訳の専門業者

医学翻訳を専門とする翻訳業者では病院などの医療機関で行われている臨床研究の論文の日英、英日の翻訳を中心として医学にかかわる専門的な文章に特化した翻訳事業を行っています。
一般的な文章に比べると特殊な専門用語を使用できる必要が有ることに加えて、学術論文や新聞記事などの場合にも内容を正確に理解するための医学知識が必要になることから、翻訳が得意な人であっても医学翻訳を行うというのは難しい面があります。
そのため、医学を専攻したりして医学知識をつけた人材が医学翻訳の業者では雇用されています。
また、薬学についても医学に近い知識が必要となるため、同様のカバー範囲に含まれられています。
医学翻訳を専門とする業者では薬学の知識を持った人材もかかえられていて、薬学分野の学術論文や新聞記事などの翻訳も担われるようになっています。
業者としてもカバー範囲を広げることによって事業を拡大しなければならない事情があることから、そういった動きが強まっています。