CONTENTS
「翻訳 知識」
に関連するツイート
Twitter

歌詞の翻訳、楽しい! 久しぶりに集中力発揮できてる感じ。 しかし案外言語だけでない無駄知識が役に立つ作業かもしれない。詞の内容が某ドラマのあのキャラだとかいう場合がある。(笑)

Twitter rey_shiina 椎名 令 @4/10新橋ZZ - 13:25

リツイート 返信

若い頃に翻訳した本です。ロングセラー。月にまつわるさまざまな知識を詰め込んだまさに月大全。 amazon.co.jp/%E6%9C%88%E4%B…

Twitter Kagami_Ryuji 鏡リュウジ - 11:07

3RT リツイート 返信

3/22.3/28【読後交流会】 第3回、第4回 読後交流会を開催しました♪ その名の通り、 本を読んだ後にする交流会✨ なんと今回...一歩踏み出す勇気が無い人 「愛とは怖れを手ばなすこと」ジェラルド・G・ジャンポルスキー、翻訳 本田健 ☆こんな人にオススメ! ・選択理論をより理解したい人 ・自己表現に怖れを抱いて...

Facebook Nana Yoshida - 10:41

ジュディス・カリー氏のブログは何が温暖化なのかについて、まともな知識を得るのに非常に役に立ちます。グーグルの翻訳機能も向上してきたので、ブログをブックマークに入れて、度々チェックすることをお勧めします。goo.gl/I64VwB

Twitter trastarize Yohu - 10:18

1RT リツイート 返信

自分は英会話とゲームや映画の内容を理解するのは別の能力だと思ってます。文法知識があれば文章全体の構成が把握できます。そうすればあとは単語を変換するだけ。翻訳サイトに文章をぶち込むにも『どこの部分で文が切れてるのか』がわからないと意味不明な日本語が出てくる。文法知識は大事。

Twitter navellica0614 ナヴェエフェクトアンドロメダ - 8:50

リツイート 返信

基本的に高校程度までの文法知識と単語力があれば、辞書や翻訳サイトを使ってたいていの映画やゲームを翻訳して理解することはできると思ってます。『日本の英語教育が悪いから日本人は英語を理解できない』という前にせめて中3レベルまででもいいからしっかり身につけておくといいと思うんです。

Twitter navellica0614 ナヴェエフェクトアンドロメダ - 8:48

リツイート 返信

一般書も専門書も翻訳書も技法は同じだが、どの書籍を超速読するにせよ、当該分野の基礎知識がないと書籍を速読することはできない。『読書の技法』

Twitter satoumasaru_bot 佐藤優BOT - 6:53

リツイート 返信

キャッチコピー制作・翻訳などのビジネスのスキルから、占い・恋愛相談などのプライベートなスキルまで、スキルや知識を一律500円を売買できます。 →詳しくは【案件地帯】で検索!

Twitter anken_chitai フリーライターの案件地帯 - 2:26

リツイート 返信

叙事詩の一枚に描きかけの未完らしいもの(音声ガイドが言ってた)があったんだけどシルエットから描いてどんどん細かく描き込んでるんだなってわかって面白かったよ。お気に入りはタイトル覚えてないけど知識人を集めて翻訳させる王様の絵と椅子蹴倒して立ち上がる王様の絵だよ

Twitter noah_black 太陽が眩しかったから - 0:56

リツイート 返信

RT @felt_miyokko: たまーに、ミンネで英語が必要な場面があって、中学レベルの知識を掘り起こしGoogle翻訳も使いつつ、おっかなびっくり英語を書きます。たぶん間違いだらけですが、ハンドメイドを買って下さる人は世界共通で優しい人ばかりなのか、何とかなっ…

Twitter soup045 曽根スウプ - 昨日 22:47

リツイート 返信

医学翻訳には医学の知識が不可欠

医学翻訳には医学の知識が不可欠

翻訳という言葉を聞くと、どんな分野でもある程度言語を訳することができると考えられがちですが、実際には各分野に対してそれぞれ翻訳家が存在します。
医学翻訳がその顕著な例だとも言えます。
医学翻訳の場合、翻訳能力はもちろんですが、それと同時に医学に対する知識も必要になります。
そういった知識がなければ専門用語や、医学での言い回しなどを使用することができなくなり、やはり医学翻訳の程度が下がってしまうからです。
そのため、医学分野においてはある程度の実績がある翻訳会社を探すのが効率的です。
自分で訳すのは確かに勉強にはなりますが、その時間は翻訳者に任せた場合と比べると非常に多大になってしまうからです。
また、医学翻訳の場合、翻訳会社は料金を高く設定しています。
これはその分野における翻訳者があまり多くないからです。
単なる翻訳でどんな文章でも問題がなければ、自分で訳すことも視野に入れることができますが、実際には知識のある方に翻訳してもらうのが極めて安心であり、かつ迅速なのです。

薬学もカバーする医学翻訳の専門業者

医学翻訳を専門とする翻訳業者では病院などの医療機関で行われている臨床研究の論文の日英、英日の翻訳を中心として医学にかかわる専門的な文章に特化した翻訳事業を行っています。
一般的な文章に比べると特殊な専門用語を使用できる必要が有ることに加えて、学術論文や新聞記事などの場合にも内容を正確に理解するための医学知識が必要になることから、翻訳が得意な人であっても医学翻訳を行うというのは難しい面があります。
そのため、医学を専攻したりして医学知識をつけた人材が医学翻訳の業者では雇用されています。
また、薬学についても医学に近い知識が必要となるため、同様のカバー範囲に含まれられています。
医学翻訳を専門とする業者では薬学の知識を持った人材もかかえられていて、薬学分野の学術論文や新聞記事などの翻訳も担われるようになっています。
業者としてもカバー範囲を広げることによって事業を拡大しなければならない事情があることから、そういった動きが強まっています。